PSVITA CFW 改造情報まとめサイト TOP > PSVITA 最新CFW

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PS VITAに早期にCFWが搭載される可能性は高い?

Appgiga_9218_1.jpg

[PS VITAでのCFWの開発がPSP時代より容易な理由]

CFWを簡単に解説します。
実は、ハードウェアがどんなものなのか解析し、署名コードを走らせることができれば、
導入ができる状態、最低でもLCFWは入る状態にはすることができます。

3DSを例にとりますと、DSのカートリッジが市場に出回っているからこそ、
マジコンが出回ってしまったというのもありますね。
マジコンは俺DSのソフトやで!とご認識させるソフトだったと思う。ヘッダ流用してたし。

DSに比べて、なぜPSPのCFWの開発が遅れたのかというと、UMDが一般に出回らなかったということですね。
そしてPSVITAにはUMDスロットがない。

つまりバグ待ち、もしくは仕様解析待ちとなります。
(アップデータはすべてバックアップしておきましょうね)

そこでうれしいニュースなのですが、CPUとGPUが凡庸部品で、解析が少々容易であるのです。
プログラムの走らせ方の解析が早い。はず。

2000のときのように、次の日にはCFWになる可能性もなきにしもあらずですね。

また、前作のUMDを起動できるUMDパスポートがあるということは、前作のドライバなどを、
一部流用し、VITAに組み込んでいる可能性があります。
つまり前作のCFWでの開発で参考になる部分が多々ある可能性。

前作で強固だったプロテクトがこれにより崩れる可能性。

PSVITAのCFW、期待ですね。
[ 2011/12/01 18:21 ] PSVITA 最新CFW | TB(0) | CM(0)

PS VITA 初期基盤にメリットはあるのか?


初めに書いておくと、
メリットはあると思います。が、発売後一瞬様子見で安く買えるかもしれない。というのは個人的意見。


私は発売初日とまではいきませんが、
発売後すぐのクリスマスにPSP-1000とみんなのゴルフポータブルを買ってもらいました。

当時パソコンにあまり詳しくなかった私は、PSくらいのグラフィックのゲームが持ち歩けるけど、
ソフトがあまりないなあという感じで、買ってしばらくしてPSPはお蔵入り、
買うんじゃなかったとさえ思いました。
(この時2.00のアップデータを友達にモンハンのために適用される)

その後、自分でもモンハンを買い、セーブデータを入れ替えて、TUEEEEしていました。
そしてバージョンが2.5くらいになった時に、エミュレーター通信(だったかな?)みたいな雑誌を、
たまたま手に取り、PSPでファミコンやスーファミが動くことを知る。

思えばエミュレーター類はほぼこの時期で完成されていましたね。
そこから劇的な進化は起こりませんでした。

そのときのくやしさといったらありませんでした。
まず、PCの知識がまるでないので、携帯動画変換君で動画を入れるのにさえ、
パソコン壊したらどうしよう・・と思いながらこわごわとやっている感じ。

加えて、バージョンが2.5なので、結局できない。悔しい。
いったんお預けを食らって、数週間後に、TIFFバグだったかな?を使った2.71ダウングレードが公開。

USBケーブル片手に大はしゃぎの私。
早速ダウングレード。
無事成功しました。

そのあと、ゲームの入っていないエミュレーターを起動してふと気づく。
「ソフトは?」→吸出し機械というものをここで知り、お小遣いをためて作成。

ようやくスーファミのエストポリス伝記が起動したときは、ゲームが楽しいよりも、
起動したことがうれしかったかな。
たぶん、初期のほうから改造してた人にはわかると思うんだけど、
壊れるかもっていうスリルがたまらなかった。
あとは、ほかのpspはこんなんできないしょ?みたいな優越感。

その後はDevhookを使いながら、生活し、たまに体験版のFW書き換えなどをし、
だんだんと調べる→身につくができてきましたね。

そして出会ったのが、Darl_Alex氏の2.71SEシリーズ。
その前身は自分的にはDevhookのがよかった気がして使わなかったなあ。

この辺からCFWという言葉とPBが誕生する。

一気に普及いていって、私のようなヘビーユーザー?が満足しなくなったというか、
飽きてきたのがこの辺。
正直やることはISO吸い出してモンハンとかpmfだっけ?あれを変えるくらいだったしなあ。
ここら辺から、いかに高画質の動画を入れるかどか考えてたきがする。
あと、フラッシュを高速で再生したがってたな。

というわけで、4.00あたりで、PSPを破壊し、PSP-2000でまたCFWに戻る。
そこからは特に目覚しい発展もなかった。

どちらかというと、ソフトウェアよりもひぐらしblogさんのmicroSDスロットを認識させたり光らせたり
する作業のが魅力的に感じるような感じです。

さて、まとめに入りますが、
PS VITAにCFWは乗るか?ときかれたら、いつかは必ず乗るでしょう。
そのときのために初期基盤は有利です。

また、CFW的な何かが出たときに真っ先にそれを試せるワクワク感を味わえるのもまた、初期基盤のメリットです。

本当に楽しいですよ!!

あれができるようになったらなーがドンドン実現されていく感じはすごい幸福です。

ぜひ、あなたも初期基盤で味わってみてください。
[ 2011/12/01 02:26 ] PSVITA 最新CFW | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。